思考停止が悪を生む。考えることで人間は強くなる。

手書きツイート
映画「ハンナ アーレント」より
1960年代初頭、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送したナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが、逃亡先で逮捕された。
彼は小柄で気の弱そうな、ごく普通の人物でした。
アイヒマンは裁判で言いました。「自発的に行ったことは何もない。善悪を問わず、自分の意志は介在しない。命令に従っただけなのだ。」

ハンナ・アーレント
「世界最大の悪は、平凡な人間が行う悪なのです。そんな人には動機もなく、信念も邪推も悪魔的な意図もない。」
「アイヒマンは、人間の大切な質である、思考する能力を放棄しました。その結果、モラルまで判断不能となった。思考ができなくなると、平凡な人間が残虐行為に走るのです。〝思考の嵐〟がもたらすのは、善悪を区別する能力であり、美醜を見分ける力です。私が望むのは、考えることで人間が強くなることです。危機的状況にあっても、考え抜くことで破滅に至らぬように」

tokyo. kanagawa. 3rd Place "DYNAMIC JOURNEY"

心の拠り所としてのThird Place "DYNAMIC JOURNEY" 私たちは、カフェ会などのイベントを通じて、癒しと学びのサードプレイスを提供しています。 長い長い歴史から1000年先の未来まで。 大きな流れ〜DYNAMIC JOURNEY〜を感じ、自分の”現状”を見つめ直し、自分自身がどうしていけば良いのかを見出すキッカケになればと思ってます。 #自分探し #カフェ会